073

勿論嫌われているとは思っていませんでしたし、寧ろ良く思われているとは感じていました。
ですが、たとえ向こうが少なからず好印象を抱いてくれていたとしても、良く思ってくれていても、こんなにどうにもならないことが悲しいのは自分だけなのだと思いました。
クリスマスにお菓子を送って、喜んでくれるかな、とドキドキしたのは自分だけ。
はらすさんにとっては、お礼は後でいいやーと後回しに出来る程度のものだったのだろうし、私は「友達」だからどうこう言えないんです。
どうにもならないことは仕方ないです。
距離だってあるし、実際に会って一緒に過ごした時間は半日ほどです。
その状態でどうにかしたい、なんて焦りもいいとこだとは思いますし、無理があるんだとも思います。
だけど、私はどうにもならないということが悲しくて、それを仕方ないと受け入れきれなかったんです。
そうは言ってもそう思っているのが自分だけなら、受け入れなきゃしょうがないんですけどね。
結局この後で、受け入れきれなくなって暴走するのですが(O_O;)



いつも更新後にいいねやランキングクリック、どうもありがとうございます!
励みになりますので、良かったらぽちっとクリックで応援お願いします(*μ_μ)
rank
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村