152

勿論、はらすさんと一緒に居たいということは、慣れ親しんだ街や家族や友人と離れることになるということだと、わかってました。
わかっていて、それでも好きで一緒に居たい、と思っていました。
母の夢を見たことで、急にそれが現実味を帯びたというか、どれだけ寂しいのかというのを実感できたというか。
自分だけではなく、家族も寂しいと感じることになるんだなーと。
(自意識過剰な考えかもしれませんが、やはりそこは家族なので…;;)
なかなかテンションが上がりませんでした(O_O;)
迎えに行きたくなかったのは、母の夢のせいというより…吹雪のせいでしたが…\(^o^)/

夢の話というのはなかなか人から共感を得がたいものだと思いますが、当時の私と同じようにしんみりと感じて頂けた方がいらっしゃるということが嬉しいです!
気落ちはしたものの、このことで「やっぱり一緒に居られない」と考え直すということはなかったので、そこはご安心ください(*μ_μ)



いいねや読者登録、本当にありがとうございます。
とても励みになってますので、良かったら応援クリックもお願いします(*μ_μ)


b64fc1a0.jpg


にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ