183
そんなわけで、準備は進んでいました!
親友さっちゃんとも遊びましたが(3コマ目)、さっちゃんが話してる最中とても堪えてくれているのがわかりました。
私自身も今回の引っ越しでは絶対に泣かないと決めていたので、この時もずっと笑って過ごしていました。

なんというか…この引っ越しは、そりゃとてつもない寂しさはあるんですが、寂しくなるためではなくて、幸せになるためのものなんですよね。
それなのに、寂しいという気持ちだけで泣いて過ごしたり別れを悲しんでしまったら、きっと引っ越してから「何で引っ越してしまったんだろう」という後悔をする日がくるんじゃないかと思いました。
自分の意志で、自分で選んで、自分が幸せになるために引っ越しをする。
だから、色々なことが「最後」でも思い切り楽しく笑って過ごして、笑って東京を離れたいなあと、そんな風に思っていました。


▼次の話はこちらです。


▼なれそめ話を最初から。


-----

いいね押してくださったり、読者登録してくださってありがとうございます!
とっても嬉しいです!(*・ω・*)

ランキング参加中です。良かったらクリックお願いします。